常置場所

東京都東久留米市

開局年月

昭和56(1981)年3月

QSLカードの取り扱ひ

eQSLにて交換。私は現在JARLに加入してゐません。


運用状況

平成になつた頃より殆ど電信の運用です。その上コンテスト、QSOパーティー程度しか出ません。
以前は7Mで多く運用しました。
和文電信もできますが最近は耳が鈍つてゐます。
バグキーの下手な使ひ手が作り出すをかしなリズムの符号を嫌つてゐます。

平成十二年から千葉県内に住んでゐました。住居が賃貸につきアンテナを上げられず、移動してコンテストに出る程度の状況です。

平成二十七年に東久留米市内に復帰しましたが、住居は賃貸であるためアンテナの問題は引き続きあります。コンテストなど短期運用では常置場所にアンテナを仮設することがあります。


履歴

更新 H30.9.16 Schurr電鍵の打鍵動画を追加
更新 H30.2.10 QSOパーティーの記録を追加
更新 H29.8.1 修理のページにIC-706を追加
更新 H28.4.15 修理のページを追加
H28.1.16 niftyのwebサービスが変更されるため新しいサーバーに移行しました。
更新 H28.1.11 運用状況にコメントを追加、「私の使用電鍵」BY-1の項に追記。
更新 H22.5.19 骨董品の湯呑を追加
更新 H21.11.11 印象に残ったQSLカード(JK1GVN)を追加
更新 H21.11.2 印象に残ったQSLカード(JH8IOJシリーズ)を追加
更新 H21.10.25 印象に残ったQSLカード(JL1FTZ, JN1KWR)を追加
更新 H21.10.23 印象に残ったQSLカード(JL1ORW, JL1SJY)を追加
更新 H21.10.15 体裁のみ
公開開始 H21.8.16

私の使用電鍵

3 keys

Schurr MMK Hand Key

schurr MMK ドイツの職人が作った縦振り電鍵です。H7(1995)年の円高の時にアメリカの販売店から購入しました。
 Schurr氏は高齢のため引退したやうです。事業は別の人に引き継がれ社名も変りました。現在縦振り電鍵は製造中止されてゐます。
SCALGコンテストではドイツ製とも外国製とも表示してくれず、認定番号を付けられてゐます。
私の打鍵動画

ハイモンド HK-702

HK-702 私にとって初めての本格電鍵です。(S58年)

サトーパーツ ベビー電鍵

sato baby 私にとって初めての電鍵です。(S55年頃)

ベンチャー BY-1

bencher_box S62年頃に横浜石川町のハマーズで購入したものです。H23年に実家から引き上げたときの写真です。25年も経つと真つ白だつた箱も茶色です。

bencher_contact 金メッキされてゐた接点が黒く見えます。どうやら下地のニッケル被膜が錆びて黒くなつたやうです。金メッキそのものは薄いために下地が透けてしまふやうです。



QSOパーティーの記録

S57(1982)年から始めてH17(2005)年まで24年ががりで12種類獲得完成。
初回参加の文字の一つ前の文字つまり初回参加から11年後の会に不参加だつたのが24年も掛つた原因。
一度獲得した文字を二周目で再び獲得することはしなかつた。
このシートが完成してからはQSOパーティーに出てゐない。